1. 青汁比較ランキング TOP
  2. 青汁のすごいチカラ
  3. 妊婦にもオススメ!

青汁が妊婦さんにもオススメな理由

妊婦の方が栄養不足を補うのに青汁はオススメです。

妊娠中はどうしても食べられるモノが限られ、栄養不足になりがちです。
そのようなときに青汁を飲むことで不足している栄養素を補い、栄養バランスを保つ働きが期待できます。

葉酸は厚生労働省からも摂取が推奨されている

特に青汁に含まれている「葉酸」は、厚生労働省からも妊娠中に1日400マイクログラムの摂取を推奨されている成分で、母子手帳にも葉酸の摂取について書かれています。

葉酸には赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐのに有効な働きをします。

神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんの中枢神経系の元が上手く作れない症状のことで、生まれてきた赤ちゃんが歩くことができなかったり、膀胱や直腸が機能しなくなるなどの影響があります。また、母体にも影響があり、流産や死産の割合が高くなると言われています。

この神経管閉鎖障害を防ぐために、葉酸を1日あたり400μg(マイクログラム)摂取することで、神経管閉鎖障害の発症を70%近くも防ぐことができるとアメリカの研究で報告されています。

ちなみに葉酸はほうれん草や芽キャベツなどの青野菜を大量に食べることでも摂取できますが、よほど意識的に摂取しないと普段の生活では必要なだけ食べることは難しいですよね?

そこで葉酸が簡単に摂取できる青汁が役立つのです。

1杯あたり約150ugの葉酸が含まれる

青汁は1杯あたり約150ugの葉酸を摂取することができ
1日に2~3杯飲むことで必要な栄養量を確保することができるのです。

青汁は毎日の生活で必要な栄養素にプラスして、葉酸も簡単に摂取することができるため、母子の健康を守るために役立つ飲み物と言えます。

2011年8月18日(木)Yahoo!ニュースでも取り上げられました!

妊婦が過剰に葉酸を摂取すると、産まれてくる子どもに悪影響を及ぼす可能性があるとYahoo!ニュースで取り上げられていました。

独立行政法人国立健康・栄養研究所が2010年1月~11月に行った調査では、妊婦1097人のうち、765人もの人が葉酸をサプリメントで摂取しているということがわかりました。

それだけ葉酸は妊婦にとって必要な成分だと考えられているのがわかります。

しかし、葉酸は食事以外で1日1ミリグラムまでと定められており、摂取しすぎると妊婦の方が発熱やじんましんなどを起こす可能性があるだけでなく、産まれた子どもが喘息になるリスクがあるそうです。

こうしたことからもわかるように、葉酸が含まれている青汁を「健康に良いから」と言って大量に飲むのは辞めるようにしてください。

健康的な体を作るのにはバランス良く栄養を補給すること。

特に妊婦の方は胎児への影響も考え、毎日何杯も青汁を飲むのではなく、1日1~3杯程度と決めて飲むようにしてください。
(独立行政法人国立健康・栄養研究所監修:妊娠中の食事とサプリメントについて

妊婦が青汁を飲むときの注意点

しかし、妊婦の方が青汁を飲むときに注意しなければいけないことが2つあります。それが以下の2点です。

  1. 青汁に含まれる成分をチェック
  2. 過剰摂取はNG

この2点を知らずに青汁を飲み続けると、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります

青汁に含まれる成分をチェック

妊娠中は体が非常にデリケートな状態となります。
普段は食べたり、飲んだりできるモノでも、妊娠中だと体が受け付けず摂取できないというケースもあります。

安心して青汁を飲むためにも、まずはかかりつけのお医者様に青汁に含まれている成分に問題がないかを相談した上で、青汁を飲むようにしてください。

特に食品アレルギーがある人は、青汁の成分をチェックし忘れないように充分気をつけてください。

過剰摂取はNG

妊娠中の食事では、常に栄養バランスを意識する必要があります。

特定の栄養素を必要以上に摂りすぎると、体調不良を起こしたり
お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、青汁に含まれるカリウムとナトリウムは拮抗作用があり、
カリウムが多いとナトリウムが体から排泄され筋力が落ちてしまいます。

果物を摂り過ぎている妊婦の方に流産の多いのも、カリウムを過剰摂取した結果
子宮の筋肉が落ちてしまうのが原因の1つと言われています。

また、マグネシウムを過剰摂取すると下痢を起こしやすくなります。実はマグネシウム(水酸化マグネシウム)は昔から下剤として使われている成分ですから、過剰に摂取するのは危険です。

そして、ビタミンAの過剰摂取は胎児奇形の原因になりやすいと言われています。
(食品安全委員会:ビタミンAの過剰摂取による影響のレポート P3 より)

色々な説はありますが、厚生省からはビタミンAの必要所要量を1日5,000IU以内に抑えた方が望ましいという指導があります。

ビタミンAの奇形発症率は、1日あたりの摂取量が5,000IU以上で1.3%、15,000以上で3.0%という報告が出ており、ビタミンAの過剰摂取にも充分気をつける必要があるのです。

このようなことから、妊婦の方は1日に大量の青汁を飲むのではなく、1日に1~2杯程度の青汁を毎日飲むことを心がけてください。

青汁を飲んで、健康な赤ちゃんを産んでくださいね!