1. 青汁比較ランキング TOP
  2. 青汁のキホン
  3. 青汁でダイエットする

どうして青汁がダイエットに向いているのか?

健康のために良い青汁ですが、実はダイエットにも役立つ健康食品でもあります。

青汁に豊富に含まれている食物繊維は、便秘解消や腸の活性化を即します。
また、青汁には代謝機能を促進するミネラルやビタミンも豊富に含まれているので、青汁を飲んで運動をすることでカロリーも消費しやすくなります。

なにより青汁は毎日の食生活で不足している栄養を補ってくれるので
健康を損なうことなく痩せやすい体を作ってくれます。

つまり、青汁は健康的にダイエットをするにはもってこいのアイテムなのです。

青汁ダイエットの方法

青汁ダイエットのやり方はとても簡単です。
1日1杯青汁を飲む、これだけでOK。

厳しい食事制限をしたり、ハードな運動をする必要はありません。
1日3食バランスよく食事をし、それにプラスして青汁を飲めば良いのです。

中には、少しでも体重を減らそうとして、青汁だけ飲んで痩せようとする人もいますが、それはダメです。

青汁だけでは栄養が偏り、バランスが乱れ、健康を損なう危険があります。
たしかに青汁には食物繊維やミネラル、ビタミンが豊富に含まれていますが
それだけだと体に必要な炭水化物やタンパク質をとることが出来ません。

栄養が偏ると、逆に太ってしまうケースすらあります。

このような「○○だけ食べる、飲む」という無理なダイエットは体に良くないだけでなく、長続きもしません。

そもそも人間の体は急激に痩せるようにはできていません。
急激に痩せてしまうのは病気や極度の不摂生、ストレスがあるときだけで、健康な人はそんな急激に痩せることはありません。毎日コツコツ続けることが、健康的に痩せる一番の近道なのです。

大切なのは、毎日三食バランス良く食事をすること。これが基本です。
そして1日1杯青汁を飲ことを続ける。

続けることが一番大切ということを忘れないでください。「ローマは一日にして成らず」ですね。

飲み続けるには飲みやすいものを選ぶべし

青汁を飲み続けるためには、「飲みやすい」ということが大事なポイントになります。

あまりにもマズくて飲むことが苦痛になるようだと続けることはできません。
飲みやすくて続けやすい青汁といえば、代表的なものは「やずやの養生青汁」と「キューサイのはちみつ青汁」の2つです。

やずやの養生青汁は大麦若葉を主原料としていて、ケールを主原料とするものと比べると格段に飲みやすいのが特徴です。また、キューサイのはちみつ青汁はケールが主原料ですがハチミツをプラスすることでほんのり甘くこちらも飲みやすい口当たりに仕上がっています。

こちらも参考にしてください。
飲みやすさも栄養も、どちらも重視したい人にオススメの青汁