1. 青汁比較ランキング TOP
  2. 青汁のキホン
  3. 飲みやすい青汁は栄養が低いのか?

飲みやすい青汁=栄養素が低い?

「飲みやすい青汁って、栄養が低いから飲みやすいんじゃないの?」

こんな質問をもらったことがあります。

結論から言えば「飲みやすい=栄養が低い」というわけではありません。
最近では栄養が高く、しかも飲みやすい青汁が各メーカーから販売されています。

一般的に「苦い」「まずい」というイメージが強い青汁を、少しでも飲みやすくしようと、各青汁メーカーが企業努力を重ねた結果でもあります。

そうは言っても、各青汁メーカーによって、飲みやすさを重視している青汁もあれば、栄養の高さを重視している青汁があるのも事実です。

そもそも「飲みやすさ」は、青汁の主原料と大きな関係があります。

青汁の代表的な主成分として、ケールや大麦若葉があります。

ケール、大麦若葉、明日葉・・・どれも高い栄養成分を含んでいます

ケールを主原料としている青汁は苦く、一般的には飲みにくいと言われていますが、ケールは「スーパー野菜」とも呼ばれるくらい栄養素がバツグンに豊富な野菜でもあります。
(「苦い!もう一杯!」のCMで有名なキューサイの青汁はケールが主成分です)

一方、大麦若葉を主原料としている青汁は、ケールと比較するとマイルドな口当たりで飲みやすいです。

また、最近では「緑茶」を主原料に青汁もあります。
緑茶が主成分の青汁は、抹茶のような味わいを楽しむことができ、青汁の中では最も飲みやすい種類と評判です。

では、このケールと大麦若葉とでは、どちらの栄養が高いか?

結論を先に言うと、主成分の栄養の高さは単純には比較できません。
なぜなら、それぞれの主成分によって、摂れる栄養が違うからです。

例えば、ケールはビタミンAやC、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。
そして、大麦若葉であれば、ビタミンやミネラル、酵素などが豊富に含まれているという特徴があります。

※青汁の成分についてはこちらを参考にしてください
>>青汁の原材料・成分別の特徴

つまり、どちらにしても栄養素は高く、毎日の食生活で不足している栄養素を補ってくれることに代わりはないのです。

このようなことからも「飲みやすい=栄養が高い」とは言い切れません。
あくまでも大事なのは、毎日飲んで、必要な栄養を摂り続けること。

どの栄養素を重視するか、どの青汁にすれば毎日飲み続けられるかを考えて、青汁を選んでください。