青汁比較ランキング TOP
  1. おすすめ青汁
  2. ファンケルの青汁粉末

ファンケルの「青汁粉末」 不足がちなビタミン・ミネラルが豊富

植物性ツイントース配合 不足がちなミネラルの摂取を促進

土の栄養を徹底的に管理した土壌で栽培したケールに、ミネラルやカルシウムの吸収を促進するツイントースをプラス。その結果、五大栄養素で不足がちなビタミンなどの緑黄色野菜の栄養だけでなく、ミネラルやカルシウムなどの栄養も豊富に摂取できる青汁に仕上がっています。1本で1食分の緑黄色野菜が摂取できるのも人気の秘密です。

総合評価 飲みやすさ 栄養 価格設定
3つ星 3つ星 4つ星 4つ星
価格 内容量 成分・原料 栽培方法
2,835円 4.2g×30本 ケール(国内産)、ツイントース -

ファンケルの青汁粉末

栄養がコントロールされた土壌で育てられた"こだわり"のケールを使用

1日1本飲むだけで、1食分の緑黄色野菜の栄養が摂取できるのがファンケルの「青汁粉末」です。

青汁粉末の中には約40gものケール生葉が使われており、栄養素を大量に摂取することができます。

ファンケルは青汁の主原料である「ケール」を栽培する土壌にこだわっており、「中嶋農法」と呼ばれるファンケル独自の土壌管理を採用しています。

「中嶋農法」では窒素、リン酸、カリウム、微量ミネラルなど19項目の観点から土壌を診断。診断結果に応じて、土に不足している栄養を補うなど、土の栄養をコントロールすることで、安全で良質なケールを栽培しています。

また中嶋農法を行うことで、通常の栽培方法で育てたケールよりも、圧倒的に根の量が増えます。根が増えることで、土に含まれている栄養素をより多く吸収することができるため、より栄養豊富なケールに育てることができるのです。

このような徹底した土壌管理によって栽培されたケールを100%まるごと使っているからこそ、栄養豊富な青汁が生まれるのです。

植物性ツイントースを配合することでミネラルの吸収をサポート

健康的な体を作るためには五大栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

日本人の多くが五大栄養素の中でもビタミンが最も不足していると考えており、青汁を飲むこともビタミン不足を解消するためという人が大半です。

しかし、五大栄養素で不足しているのはビタミンだけではありません。実は「ミネラル」も慢性的に不足しているのです。

実際に、厚生労働省が行なう国民栄養調査では、毎年ミネラルが不足しているという結果が出ています。特にカルシウム不足は顕著で、過去に必要摂取量を上回ったことが一度もないのです。

その理由は、ミネラルが含まれている食品(海藻、小魚など)が一度に大量に食べるのにむいていない食品であることや、もともと吸収されにくい栄養素であることが原因です。

このような問題を解決するため、ファンケルのスーパー青汁にはミネラルやカルシウムの吸収を促進する「植物性ツイントース」が含まれています。

ツイントースは、吸収されにくいミネラルの吸収を促進するだけでなく、カルシウムを併用摂取することで、カルシウムを体内にしっかり留め、骨形成の促進にまで役立つことが確認されています。

つまり、このツイントースが含まれているスーパー青汁を飲むことで、五大栄養素をバランス良く摂取することができ、より健康的な体を作ることができるのです。

原材料・成分

ケール(国内産)、ツイントース、ビタミンCなど

エネルギー 8.7~17kcal ビタミンC 16~32mg
たんぱく質 - ビタミンK 53~94μg
脂質 - ビオチン -
糖質 - カルシウム 46~75mg
食物繊維 1.0~2.1g カリウム 57~156mg
ナトリウム - 鉄分 -
炭水化物 - マグネシウム 8.3~17mg
ビタミンB1 - 総クロロフィル 6.1~18mg
ビタミンB2 - SOD様活性 4800~12000単位
ビタミンB6 - ツイントース 500mg
ビタミンB12 - β-カロテン 16~64μg

(1本(4.2g)当たり:青汁一杯分に相当)