1. 青汁比較ランキング TOP
  2. おすすめ青汁
  3. グリーンハウス レモンの青汁

グリーンハウス「レモンの青汁」 ビタミンCを豊富に摂取したい人にオススメ!

1日のビタミンC必要摂取量の125%が摂れる青汁

レモン果実の成分が含まれている青汁。1日たった2杯飲むだけで、ビタミンCが100mgも摂取できます。これだけで必要摂取量の125%にあたるビタミンCが摂取できるため、ビタミンC不足が心配な方にはオススメです。また全体の75%を締めているケールを「スプレードライ製法」という製法で加工することで、ケールの栄養素を壊さず、栄養豊富な青汁に仕上がっています。

総合評価 飲みやすさ 栄養 価格設定
4つ星 5つ星 4つ星 4つ星
価格 内容量 成分・原料 栽培方法
7,140円 180g (3g×60袋) ケール、レモン果汁 無農薬・無化学肥料

グリーンハウス「レモンの青汁」

1日2袋で、必要摂取量の125%のビタミンDが摂取できる

グリーンハウスの「レモンの青汁」の特徴は豊富なビタミンCが含まれていることです。

レモンの青汁を1日たった2袋飲むだけで、ビタミンCを100mgも摂取することができます。この摂取量は成人1人が必要な栄養摂取量の125%分にあたります!

ビタミンC不足が心配な方にはうってつけの青汁なのです。

ビタミンC以外の栄養もケールがしっかりとカバー!

もちろん、レモンの青汁は、レモンの栄養素だけが摂取できる青汁ではありません。

レモンの成分は青汁全体の25%程度で、残りの75%は栄養豊富なケールで作られているのです。

レモンの青汁で使われているケールは大分県の国東半島産。海に囲まれた国東半島は、ケールの原産地である地中海沿岸の気候によく似ているだけでなく、水がきれいで肥沃な土地のため、ケールを育てるには打ってつけの環境です。

この豊かな環境において、農家さんが「無農薬・無科学肥料」でケールを栽培しています。

無農薬・無科学肥料のためには、農家さんが毎日一枚一枚の葉をめくって、手作業で蝶や蛾の幼虫を取り除く必要があります。膨大な時間と地道な努力でケールは育てられているのです。

これも毎日飲み続ける青汁の原料だからこそ。レモン青汁には農薬や科学肥料を使わない、安心・安全なケール栽培にこだわっているのです。

スプレードライ製法で栄養豊富な青汁に加工

ケールには熱によって壊れやすい栄養素が多く含まれています。

そのためレモンの青汁はケールの栄養素を壊さない「スプレードライ製法」と呼ばれる製造方法を採用しています。

この「スプレードライ製法」では、ケールの絞り汁を約39℃の温風で瞬時に乾燥・粉末化。結果、ケールの栄養を壊すことなく、栄養豊富な青汁を作ることができるのです。

インターネットで購入すれば14%OFF

レモンの青汁は通常価格が7,140円ですが、インターネットで注文することによって14%OFFの6,141円で購入することができ、断然お得です!

しかも、1箱から送料が無料になるため、インターネットで購入したからといって送料がプラスされるという心配はありません。ご購入される際には、インターネットから購入することのがオススメです。

原材料・成分

ケール、デキストリン、還元パラチノース、レモン果汁、ビタミンC、香料、甘味料(アスパルテーム、L‐フェニルアラニン化合物)

エネルギー 10.05kcal ビタミンC 66.6mg
たんぱく質 0.258g ビタミンK 25.35μg
脂質 0.039g ビタミンE 0.093mg
糖質 - カルシウム 29.73mg
食物繊維 - カリウム 0.1044g
ナトリウム 18.51mg 鉄分 0.0933mg
炭水化物 - マグネシウム 5.88mg
ビタミンB1 0.0069mg ナイアシン 0.1155mg
ビタミンB2 0.0162mg パントテン酸 0.0342mg
ビタミンB6 0.0234mg 葉酸 0.0093mg
ビタミンB12 - β-カロテン 173.1μg

(1袋(3g)当たり:青汁一杯分に相当)

グリーンハウス「レモンの青汁」