1. 青汁比較ランキング TOP
  2. おすすめ青汁
  3. 健願青汁

自然食研の健願青汁 太陽の光を浴びて育ったケールの外葉にこだわりました

ケールの外葉をエアジェットで粉砕加工

太陽の光をいっぱい浴びて育ったケールの外葉だけを使用して作られています。こだわりのケールの外葉を「エアジェット粉砕」という加工方法で粉末に変えることで、加工時に生じる摩擦熱を抑え、栄養を失わず、より豊富な栄養を摂取できる粉末青汁に仕上がっています。

総合評価 飲みやすさ 栄養 価格設定
4つ星 3つ星 5つ星 4つ星
価格 内容量 成分・原料 栽培方法
3,990円 5g×60袋 国産ケール 無農薬

健願青汁

太陽をいっぱい浴びて育ったケールの外葉だけを使用

無農薬で育てたケール100%の青汁。

1杯(100g)に約160gのケールが使われており、たった1杯で厚生労働省が推奨している1日の野菜摂取量(350g)で摂れる栄養の1/2が摂取できます。

また「できるだけ体に良くて、美味しいものをお届けしたい」という思いから、主原料のケールもこだわっています。

太陽の光をいっぱい浴びて育った外葉だけを使用することで、ミネラルを豊富に含んだ青汁に仕上げることができるのです。されています。

外葉だけしか使用していないため、茎などを含めた他社製品と比べて原料価格が高いですが、その分だけ栄養が豊富に摂れるのです。

エアジェットで粉砕加工することで、栄養を失わず加工

ケールをはじめとした原材料を粉末化するのにもこだわっています。

「エアジェット粉砕」と呼ばれる加工方法を採用することで、強力な空気によって材料同士をぶつけ合わせ、原材料を粉末状に細かく砕くことができます。

エアジェット粉砕のメリットとしては、摩擦熱を生じさせずに加工できる点にあり、熱によって栄養を失いやすいケールの栄養素をほとんど失うことなく、栄養豊富な青汁粉末が作れるのです。

また、この方法を利用することで、ケールを絞って作るよりも、食物繊維を36倍も多く含んだ青汁を作ることができるのです。

粉末が水に溶けにくいのは、食物繊維が豊富な証拠

健願青汁を飲んだ方から「水に溶けにくい」「粉っぽい感じがする」という感想が出ることもあります。
しかし、これは加工ミスではありません。

水に溶けにくいことや、粉っぽい感じがするのは、ケールをエアジェットによって粉砕することで、粉末に豊富な食物繊を残しているから。豊富な食物繊維が残っているからこそ、水や牛乳などに溶かしたときに食物繊維等の栄養素が水中を浮遊し、水に溶けにくかったり、粉っぽいように感じるのです。

確かに少し飲みづらさも感じるかもしれませんが、それだけ栄養豊富な青汁であるという証拠だと考えてください。

原材料・成分

ケール(国内産)など

エネルギー 8.7~17kcal ビタミンC -
たんぱく質 3.6g ビタミンK -
脂質 - カロチン 2,500μg
糖質 - カルシウム 180mg
食物繊維 3.6g カリウム 57~156mg
ナトリウム - 鉄分 0.7mg
炭水化物 - マグネシウム 35mg
ビタミンB1 - 総クロロフィル -

(1本(5g)当たり:青汁一杯分に相当)