1. 青汁比較ランキング TOP
  2. 原材料・成分別
  3. 大麦若葉の青汁

大麦若葉の青汁の成分と効果

飲みやすい青汁の代表と言えば「大麦若葉」

大麦若葉

ケールと並び、青汁の主原料として使われているのが大麦若葉です。

大麦若葉はイネ科の草本である大麦の若葉で、栽培の途中で新芽を何度も踏みつけることで、株分けを起こして増える非常に生命力の強い植物です。

このような大麦若葉を主原料として作られている青汁の魅力はなんと言っても「飲みやすさ」にあります。

「苦い」「まずい」というイメージがあるケール青汁と比較して、大麦若葉で作られた青汁は非常に飲みやすく、まるで抹茶を飲んでいるような爽やかでマイルドな口当たりが特徴です。

「ケールの青汁は飲めないけど、大麦若葉の青汁であれば飲むことができる」
と言われることもしばしば。それくらい誰でも飲みやすいことで知られる青汁です。

大麦若葉の成分は?

「大麦若葉の青汁は飲みやすいけど、栄養は少ない?」・・・そんなことはありません。

大麦若葉にも栄養素は豊富に含まれているのです。

例えば、大麦若葉とほうれん草を比べると、カルシウムは11倍、カリウムは18倍、マグネシウムは3.8倍、鉄分は4.8倍、食物繊維は2倍の栄養素が含まれています。

特に注目すべきはビタミンCとB1(β-カロチン)で、ほうれん草と比べるとビタミンCは30倍以上、B1は6倍も多く栄養があります。

これらの成分は、不足している栄養を補うだけでなく、体内の新陳代謝を促進する効果があります。
新陳代謝が促進されると脂肪が燃焼しやすくなるのでダイエット効果も期待できます。

また、大麦若葉にはSOD酵素という栄養素を持っており、これが老化の原因である活性酸素を打ち消すアンチエイジングの役割を果たしてくれます。

つまり、大麦若葉を摂取することによって、栄養補充だけでなく、美容の効果も期待できるというわけです。

はじめての青汁に最適

このように飲みやすく、栄養が高い大麦若葉の青汁は、初めて青汁を飲む方や、味や匂いが苦手な方にオススメです。

青汁は健康状態を改善する役割を果たしてくれますが、そのためには毎日飲むことが重要。

青汁を飲んだことがない人にとって、いきなり苦い青汁を継続して飲み続けることは簡単なことではありません。まずは毎日無理なく飲める口当たりの良い大麦若葉の青汁からスタートすべきです。

なかでも、青汁マンがオススメするのは「えがおの青汁満菜」です。

テレビCMでも有名な「えがおの青汁満菜」は、大麦若葉に長命草と発酵黒生姜をブレンド。大麦若葉の飲みやすさを活かしつつ、長命草や発酵黒生姜に含まれている豊富な栄養も摂取できるので、今人気急上昇中です。

しかも、冷え性・便秘の改善、エイジングケアの効果が期待できるので、女性には特にオススメ。

価格も他の青汁と比べて、かなりリーズナブルなので、美味しい大麦若葉の青汁の中で、どれを選んで良いか悩んでいる方は、是非お試しください。

「青汁を毎日飲む」ということを習慣付けることができれば、健康な体はもうすぐ目の前です。