1. 青汁比較ランキング TOP
  2. 原材料・成分別
  3. 緑茶の青汁

緑茶の青汁の成分と効果

青汁じゃない!と言われるほどの飲みやすさ

緑茶青汁はとにかく飲みやすい点が特徴です。

緑茶の爽やかな風味や味わいが、青汁独特の苦みや匂いを消してくれるため、誰でも抵抗なく飲むことができます。

実際にこれを飲んだ人のほとんどが「これって本当に青汁なの?」と感想を持つほどの飲みやすさ。
まるで抹茶を飲んでいるような感覚で青汁を飲むことができます。

緑茶青汁は健康に良いの?

「緑茶青汁は飲みやすいのはわかったけど、本当に健康に良いの?」
どうしても飲みやすさばかりが強調されると、栄養価が低いんじゃないの?と疑いたくなります。

結論を言えば、緑茶青汁は健康にも効果的です。

そもそも緑茶青汁というのは、ケールや大麦若葉、明日葉などの原料でできた青汁飲みやすくするために緑茶をブレンドしたモノを指します。

ですから、緑茶成分が入っている分、100%ケールだけ、大麦若葉だけというものと比べれば、栄養素の割合は減ってしまいますがそれでも十分なケール・大麦若葉などに含まれる栄養素を摂ることができます。

また緑茶にはカテキンが含まれています。

カテキンには血中コレステロールの低下、高血圧予防、口臭予防などの効果だけでなく、体の老化を防止する抗酸化作用の効果もあるため、「最近ちょっと年を取ったかも・・・」と気になる方にはオススメです。

健康のために一歩を踏み出すことはとても重要なことです。
どうしてもケールや大麦若葉の青汁を飲むことができないという人は、まず飲みやすさバツグンの緑茶青汁から始めるのも良いと思います。

緑茶青汁の中で特に評判がよいのは「サントリーの極み青汁」です。
大麦若葉や明日葉が主原料でケールと比べると格段に飲みやすいうえに、緑茶の成分をプラスされているため、豊富な栄養を美味しく摂ることができます。

また、緑茶青汁として人気が高いのが「お茶村の神仙桑抹茶ゴールド」です。

桑の葉やシモンに緑茶の成分をプラスすることで、他の青汁と比べても格段に飲みやすく、どなたでも抵抗なくゴクゴク飲むことができます。当サイトで紹介しているものの中でもダントツで飲みやすい青汁です。

野菜が苦手な方、お子さんにも青汁を飲ませたい方、青汁独特の風味・臭いが苦手な方は、ぜひ一度お試しください。